gallupのstrengths finder(ストレングスファインダー)をやってみた

おすすめ

面接などで自分の長所と短所を話す機会があるじゃないですか。

僕はあれがどうしても苦手で短所はいっぱい言えるんですが長所となると出てこないんですよね。

普段の生活を思い返してみてもそこまで優れた人物じゃないし、

何か人生にドラマがあったかというと平坦な人生に思えてきて努力したことが思い出せない(そもそも努力してない?)です。

そんな時、自分の特徴を分析してくれるというストレングスファインダーなるものがあるということを知って試してみたわけです。

 

ストレングスファインダーってなに?

クリフトンストレングス・テストというテストを行い自分の強みを34項目で表してくれるサービスです。2020年1月現在は5850円(税込)で受けることができます。

約1時間のオンラインテストでは、記述が2つずつ提示される177問の質問が示され、最も自分をよく表わしていると思うものを選択します。

このテストはあなたの才能(本来の考え方、感じ方、行動のパターン)を測定し、それらを34のクリフトンストレングスの資質に分類します。

下記がストレングスファインダーの公式サイトです。

クリフトンストレングスオンライン才能テスト
クリフトンストレングス・テスト(以前のストレングス・ファインダー)が、組織やマネージャー、何百万人もの人々をどのように成功に導いたかをご確認ください。

 

テストは時間と心に余裕をもって受けよう

クリフトンストレングス・テストは制限時間が1問20秒と長いようで短い時間になっています。

僕が受けた時はこの制限時間を意識して集中できる時と場所を選びました。

それでも実際のテストでは選択に悩んでしまい回答ができないまま次の設問に移ってしまったものが

2問ほどあったのでよっぽど集中が必要だと思います。

しかしながらこのテストは無回答すらも本人の才能の一部として測定して診断しているようです。

多分僕が回答できなかった部分も同じように測定したのでしょう。

 

テストは人生で1度切り

gallup側はこのテストは何度も受けるものではなくて、

人生で1度切りと思って受けるべきものととらえています。

僕は才能は変化していき常に変わる可能性を秘めたもので、

人とは進化・変化することができると信じていますが、

この根本的な才能の測定は人生で1度切りだと思って受けることです。

運営も同じアカウントでテストを2回受けることができないようにしています。

 

34個も特性を知る必要がない場合は?

実は34個の特性は一番高い診断です。

下記の本を購入することでアクセスコードがついており、才能のトップ5を知ることができるようになっています。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

お値段はアマゾンで1980円ですがgallup公式だと2340円になってますね。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(eBook) | ja-jp - Gallup
ビジネス書のベストセラー、『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』を購入してください。eBookには、クリフトンストレングス・テストと、自身の強みを活かすうえで役立つ個人別のレポートが含まれています。

僕は最初から全部見たかったんでアクセスコードのみを5850円で購入しましたが、

どんなものか試してみたい人は書籍から入るのがいいかもしれませんね。

ちなみにこの書籍は中古で買うことはお勧めしません。

絶対にアクセスコードが使われてるはずなので。

また、書籍から入って残りの6位~34位の才能を知りたい場合は追加の請求(4680円)で知ることができます。

 

実際にテストを受けてどう思ったか

まだ受けてから1日しかたっていないので正直どう活用するか悩んでいます。

特性の情報は持ってる状態なので読み込んでから活用方法を模索するのが吉かなと思っています。

履歴書や面接で使えることは確実だと思えるのでそこはうまく使わせてもらいます。

ただし、この結果は面接だけで使うにはかなりもったいないので将来設計や職業選択でも非常に有用かなと思います。

 

※このテストは高校生以上の読解能力が必要とされております。

僕としては進路に悩む高校生の方などは積極的に受けてみることをオススメします。

 

まとめ

自分の知らない、気づいていない側面をデータと統計で分析してくれるクリフトンストレングス・テスト。

いかがだったでしょうか?

僕は受けてよかったと思いました。

むしろもっと早く受けたかったです。

ジョハリの窓というものが心理学ではあるけれど、

これは第4の窓「未知」に近いものかなと思いました。

測定して知ってしまったからすでに「未知」ではないんですけどね。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました